砂くじら亭の日常🐳

シルバニア、リーメント、ガチャポン…世界は可愛いであふれてる!私だけの小さなシルバニア村の物語を綴るブログ

【シルバニア】緑の丘の大きなお家【キッチン】


3人組のシェアハウスとして
3年前にリメイクした
緑の丘の大きなお家

徐々に荒れつつあったけど
3人の居場所がなくなるようで
手がつけられずついに廃墟化

それぞれ成長し新たな生活を
踏み出したってことで

緑の丘の大きなお家を
大家族仕様にリメイクすることに



新たな住民はシマネコファミリー

寡黙ながら家族思いのじいじ
お茶目で絵が得意なばあば

温和で少しだけ気弱なお父さん
工作が得意なお母さん

しっかり者で物書きに夢中な長女
赤ちゃんが大好きすぎて
毎日おうちにかえりたい
絶賛イヤイヤ期の長男
最近お家にやってきた次女

祖父母と娘夫婦が同居する
7人の大家族( ´˘` )



住民が決定したら
1番好きなキッチンから
早速作業開始(っ`ꙍ´c)マッ!!

シェアハウスと同じく
手前の右側の空間を
キッチンにリメイクすることに

手持ちの家具、家電を仮置きして
大体の位置を確認したら…



壁紙を貼ってお家のかたちに合わせて
使いやすいように棚やテーブルを工作

どの角度から覗いても
奥の空間が見えるのが最高な
緑の丘の大きなお家だけど

今回は仕切りで各空間を
独立させてみたいと思って
リビングとキッチンを壁で分断



今回はキッチンの奥スペースを
ダイニングにしたから
シェアハウスでも使ってた
ビーズのれんをかけて間仕切り風に

レンジの近くにミトンを吊り下げたくて
既製品を真似て作ってみた(*´σー`)エヘヘ

チェック柄ってなんでこんなに
可愛いのか不思議で仕方ない



続いてコンロと水回りへ 

作った棚に調理器具や調味料を並べて
洗ったコップや鍋敷きで
生活感を演出したら
キッチンは完成(*´ω`*ノノ☆パチパチ



このゴチャゴチャ感が
たまらない(人*´▽`)+・。*

キッチンが完成したから
ここでシマネコ家の日常を
覗いてみたいと思います( ´˘` )



まだ辺りは静かな早朝

大事に育てているぬか床を
丁寧に混ぜるところから
ばあばの1日が始まります



娘夫婦や孫達が起きてくる前に
じいじとゆっくり朝食をとるから
2人分の朝食を準備中

食べ頃のぬか漬けを切り
盛り付けながら1切れ味見
「上出来!」



「ただいま」
「おかえりなさい」

散歩から帰ったじいじの手には
ザルいっぱいの野菜が

「立派なお野菜ね。どうしたの??」
「アルパカさんがぬか漬けのお礼にって
 採れたての野菜を持たしてくれての」

「お礼なんて良かったのに…」
「とても美味しかったと喜んでたよ」
「じゃあまたお届けしなきゃね(´∀`*)ウフフ」

「さ、子供たちが起きる前に食べようか」



それから1時間もしないうちに
キッチンは一気に賑やかに

「ばあば、このヨーグルト食べていいー??」

「おきがえ ちない!!!!」
「えぇ…お父さん手伝うから…」
「ちない!!!!!」

このお話の続きはまた次回( ´˘` )



4月から始めたリメイクなのに
6月半ばの時点で未だに
完成が見えてません。゚(゚^ω^゚)゚。

ブログ更新は全然してないけど
やりたい時にのんびり楽しむ!を大切に

相変わらず自分だけのシルバニア物語を
頭の中で膨らませ続けてます

一気にまとめないと駄目な気がして
なかなかブログにたどり着かないけど

シマくんのイヤイヤ期物語だけで
1記事みたいに住民の日常も
綴っていきたいなぁ( ´˘` )

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました♫