砂くじら亭の日常🐳

シルバニア、リーメント、ガチャポン…好きを伝えたくてブログ開設。小さな世界が大好きな人の妄想全開ブログ。

【シルバニア】バレンタインストーリー前半【妄想バニア】

【ジョーヌとマウニ】
f:id:sunakujiratei:20190213232726j:plain:w300
キーンコーンカーンコーン♪
ザワザワ…
「先生さようならー!」
「気を付けて帰るのよー。」


f:id:sunakujiratei:20190213232852j:plain:w300
…ヒソヒソ
「ジョー君にプレゼント渡す準備できた??」
「シーーー!!聞こえちゃう💦ドキドキしすぎて無理ー!!」
「バレンタインに日直が同じになるなんて奇跡だよ!
 今日渡さなきゃずっとチャンスこないって!!」
「が、がんばる…💦」


f:id:sunakujiratei:20190213233347j:plain:w300
「じゃあ先に帰るねー!また明日ー!」
「( ´Д`)ノ~バイバイ」


f:id:sunakujiratei:20190213233501j:plain:w300
「先生は今日彼氏とデート行くんですか??」
「まぁ…それは秘密よ(´∀`*)ウフフ」
「キャーーーー\(//Д//)/ーーー−ー♡」


f:id:sunakujiratei:20190213233706j:plain:w300
シーーーーーン

「(き、気まずい…
  この調子でホントに渡せるのかな…)」
「…ぃ、おーぃ」


f:id:sunakujiratei:20190213233840j:plain:w300
「!?!?!?!」
「日誌書けてるなら持ってくけど?」
「だ、大丈夫!!!私先生に聞きたいことあって…
 先に帰っていいから!じゃっ!!!」


f:id:sunakujiratei:20190213234017j:plain:w300
ブツブツ
「帰ってよくないのに…私の馬鹿…
 …あれ?」
「お疲れー。遅くなったし一緒に帰ろ。」
「え!?うん💦」


f:id:sunakujiratei:20190213234228j:plain:w300
「(何この展開!一緒に帰ろうって///)」
「……」


f:id:sunakujiratei:20190213234358j:plain:w300
「なぁ。ここまでしたのにまだ待たせるつもり?」
「えっ?」
「内緒話はもっと小さな声でやれよな(‐ω‐ ` )プイッ」
「えっ…聞こえ…てた…?」
「うん…///」


f:id:sunakujiratei:20190213234639j:plain:w300
「あのっ…これ…貰ってく…」
ヒョイッ
「ありがとう( ˆ ˆ )」


f:id:sunakujiratei:20190213234801j:plain:w300
「…待たせすぎ(ボソッ)」
「え?どしたの?」
「何でもない(o´罒`o)ニヒヒ」
「嘘だー!何か言ってたもん!」


f:id:sunakujiratei:20190213234952j:plain:w300
「(今日はバレンタインかぁ…若さが眩しいわぁ…)」



【ラスとコットン】
f:id:sunakujiratei:20190213235201j:plain:w300
「みんな早々と帰ってったおかげで私が最後になっちゃった…予定ないし別にいいけど…それにしても見事にカップルだらけねぇ…」


f:id:sunakujiratei:20190213235338j:plain:w300
「ご飯どうしようかなぁ…何かあったかな…」
スッ…
「ん?」


f:id:sunakujiratei:20190213235440j:plain:w300
「先生ー!コットン先生!」
「ん?」


f:id:sunakujiratei:20190213235534j:plain:w300
「良かった合ってて(´∀`*)ウフフ」
「あ、司書のラスさん!お疲れ様です」
「先生こそ遅くまでお疲れ様です。ゆっくりしてるとデートに遅刻しますよ?」
「あいにく予定はないのでゆっくりでいいんです(´∀`*)ウフフ」


f:id:sunakujiratei:20190213235724j:plain:w300
「先生も1人でしたか。じゃあ1人モノ同士ご飯でも行きません?」
「えっ…」
「ねっ?( ˆ ˆ )」


f:id:sunakujiratei:20190213235858j:plain:w300
「…今日は私パスタ気分です」
「お!ちょうどパスタが美味しい店知ってるんですよ。そこの先を…」
「(たまには誰かと過ごすバレンタインもいいかも(´∀`*)ウフフ)」


~続~